ご支援ください

JCFとJIM-NETでは、チェルノブイリ、イラク、東北の子どもたちの医療支援を行うため、
みなさまの あたたかなご支援をお待ちしています。

1%は誰かのために生きなさい。 小さいけれど、とてつもない力 — 。

1%は誰かのために、と思って生きてきました。
その1%が回り回って自分に力を与えてくれているように思います。
その力をまた、困っている誰かのために回転させていきます。
いつもこうやって1%、ぐるぐると回転させていくうちに
本当に1%かどうかわからなくなるのです。
こうやって回っているうちに、誰かのためにが、いつか、知らない間に
100%を超えるようになったら最高です。
そんな時でも、1%と言い続けていきたいと思っています。
1%だと肩の力が入らないですむから。
応援されている方も1%なら暑苦しくないだろうなと、勝手に想像しました。
・・・

1%でもいいから、相手の身になってみることが大切なのだ。
「1%ずつ」事態は好転するはず。
誰かのための1%が社会を変えるのです。
1%には世界をかえる力があると信じています。

「1%の力」(河出書房新社)より

Support Us

ご支援ください