鎌田實の本

<< 前のページに戻る

タイトル イスラム国よ
出版社名(出版日) 河出書房新社 (2015/3/25)
税込価格 ¥ 1,080
作者 鎌田 實 (著)
サイズ / ページ数 単行本(ソフトカバー): 192ページ
ISBNコード
  • ISBN-10:4309246990
    ISBN-13:978-4309246994
目次 第1章
「イスラム国」が僕たちに与えた衝撃 日本とイスラムの関係はあたたかいものだった/「自己責任」という言葉は自分に向けるべき言葉だ/ イラクから届いた「愛」のメッセージ/優しすぎるイラク、ヨルダンの友人たち/カマタ流新戦争論

第2章
なぜ「イスラム国」は生まれてしまったのか テロとウィルスを生み出す要因は同じ/少しずつでも武器を減らしたい/だれの心の中にもケモノはいる/ 「自由」と「秩序」について考えよう/世界は今、寛容さを問われている/新自由主義ではなく「真・自由主義」が平和をつくる

第3章
「イスラム国」はどこへ行くのか 3つの戦争が生んだ過激派組織/アメリカの「ボンミス」のはじまり/イラク戦争が「イスラム国」を生む引き金となった/ 「超国家」という国家観/「カリフ」制という野望/「イスラム国」は終わらない

第4章
なぜ君は「イスラム国」に参加するのか 「イスラム国」に心を奪われた青年/巧妙なネットでのPR戦略/ムスタファ君が教えてくれた「許す」ということ/ 「目には目を」のほんとうの意味/経済のグローバル化と憎しみのグローバル化/「テロ」なのか「戦争」なのか

第5章
一番大切なのは非軍事支援 非軍事支援こそが最大のセーフティネットになる/危険地域での支援での「危機管理」/僕が人道支援にこだわる理由/ 医療施設はいち早く「不可侵」の場所になる/疲弊しきった心に医療が小さい灯りをともす/難民キャンプの絶望と希望

第6章
聴診器でテロとたたかう いい支援はあたたかい連鎖を起こす/みんなで一緒に食べる「日本流」/支援は与えることより学ぶことのほうが多い/ バラの絵を描いて亡くなった12歳の少女/血の通った支援をしようよ/僕は聴診器1本でたたかいたい
内容(出版社より) 10年間アラブの世界で医療支援をおこなうため 現地を行き来してきた著者が訴えるアラブ世界の現実。
非軍事支援によるあたたかな連鎖こそがこれからの 世界全体の真の平和をうむと説く祈りの書を緊急出版!

報復に報復、はもうやめよう。
憎しみには、愛を。
読んで下さい。僕が10年間訪ねてきたイスラムの真実を。
買って下さい。現地で苦しむ人々のためにこの本の印税を使います。
考えて下さい。今、日本にできることを。
──鎌田實

本書の著者印税は全額イラク難民支援活動に寄付されます。

Book

CD

オンラインでいますぐご購入