鎌田實の本

<< 前のページに戻る

タイトル この道より道まわり道
出版社名(出版日) 潮出版社 (2010/9/18)
税込価格
    \ 1,155
作者 鎌田 實 (著)
サイズ / ページ数
  • 単行本 /  221ページ
ISBNコード
  • ISBN-10: 426701857X
  • ISBN-13: 978-4267018572
目次 別れ際の言葉は「さよなら」でなく「またね」(さだまさし)
私は孫悟空で、妻は三蔵法師なんです(林望)
「人生、遠まわりしてもいい」と父ちゃんが教えてくれた(原田泰治)
不幸は裏返せばみんなプラス(たかの友梨)
誰もがなにかの手応えを求めて生きている(山田昌弘)
病気になっていろんなことがわかった気がする(安奈淳)
どんな剣豪も最後は自分の心との闘い(好村兼一)
言葉の力で人を癒したい(唐十郎)
音楽が持つなにかを呼び起こす“秘める力”(城之内ミサ)
無数の“光と影”が織りなす一五年の歳月(後藤正治)
日本を変える力は“上”ではなく“庶民の声”にある(堀田力)
苦しい思いの先に本当の癒しがある(柳田邦男)
内容(出版社より) 遠まわりしたっていい。人生、自分らしく進めばいい。
自分のものさしを持つ生き方のすすめ。

Book

CD

オンラインでいますぐご購入